値引き交渉をするときには、礼金や日割りの家賃にターゲットを絞ってみましょう。

掘り出し物件探しと値引き交渉
掘り出し物件探しと値引き交渉

値引き交渉の狙い目

必ずしも成功する保証はありませんが、賃貸物件を借りるときに値引き交渉をすれば相手が応じてくれる可能性も十分にあります。
ですから、賃貸物件を借りるときには値引き交渉はやってみるだけの価値があるといえます。
値引き交渉といわれると、家賃の値引きをイメージする人も多いでしょう。
家賃の値引きに応じてくれるケースもありますが、なかなか簡単に大家さんも首を縦には振ってくれません。
しかし家賃意外にも値引きができる可能性もある項目が色々とあります。
その中でもおすすめの値引き交渉の項目として、まず礼金があります。
礼金とは、大家さんに対して部屋を提供してくれた謝礼という意味合いで支払うお金のことをさします。
結構礼金の値引き交渉には、大家さんも応じてくれる可能性があります。
礼金などの初期費用は、賃貸物件を借りるときには結構なコスト負担になります。
少しでも安くなるのであれば値引きしてもらって、負担の軽減をしてみることです。
その他には、通常月の頭から入居する人は少ないです。
そこで入居した月の家賃は日割りで計算をして、借主に請求することになります。
この日割りの家賃に関して、値引き交渉をしてみると結構応じてくれる可能性が期待できます。
最近では日本全国で、フリーレント物件も浸透してきています。
このようなトレンドを大家さんでもはっきりと自覚している傾向があります。
その結果、日割りの家賃で値引きをしてくれるケースも増加傾向にあるといわれています。
不動産会社や大家さんの中には、敷金の値引きを提案してくることがあります。
一見するとメリットがあるような感じもしますが、敷金はもともとあなたが家賃を滞納したとか、退去した時に工事が必要な時に負担をする保証金のようなものです。
いったん大家さんに預けているお金ですから、ここを値引きしてもらったとしても借主の立場からしてみるとメリットはあまりありません。
敷金の値引きはごまかされやすいので、注意をする必要があります。

Copyright (C)2017掘り出し物件探しと値引き交渉.All rights reserved.