大家さんの中では、フリーレント物件をむしろ好む傾向があるといわれています。

掘り出し物件探しと値引き交渉
掘り出し物件探しと値引き交渉

フリーレント物件が好まれるわけ

一定期間家賃が無料になるのであれば、賃貸物件を借りる側としてみればこれほど大きなメリットはありません。
しかしフリーレント物件というのは、かす大家さんの立場に立ってみるとデメリットこそあれ、メリットのない条件のような印象を持つ人も多いのではないでしょうか?
フリーレント物件にするくらいであれば、家賃の値引きに応じた方が、長期的に見ればお得のような印象もあるでしょう。
しかし下手に家賃の値引き交渉に応じてしまうくらいであれば、フリーレント物件にしてしまった方が大家さんにとってもメリットがあります。
というのも、ある人が入居するにあたって、家賃の値引き交渉に応じてしまったとします。
そうするとそれ以前に入居をしていた人との間で、家賃の不公平が出てきてしまいます。
そうするとほかの以前から住んでいる入居者の方から「自分たちの家賃も値引きしてほしい」といった要求が出てくる可能性も大いにあります。
その結果、すべての家賃を下げざるを得なくなってしまって、家賃収入がかなり目減りしてしまうことも十分にあり得ます。
しかも入居者の要求を突っぱねた場合、入居者が出て行ってしまう可能性も大いにあります。
また入居者との間でトラブルが発生してしまって、賃貸物件全体のイメージが悪くなってしまうこともあります。
また賃貸物件の交渉の中では、敷金を安くするという方法もあるにはあります。
しかし敷金は、もし退去をするときに原状回復のための工事をするための保証金という意味合いがあります。
これを少なくしてしまうと、退去した時に大家さん側が余計に費用の負担をしないといけないリスクが生じる可能性が出てきてしまいます。
敷金を安くすることも、できることなら回避したいというのが、大家さんの本音です。
このような背景もあって、もっともいろいろなトラブルやデメリットをこうむるリスクの少ないフリーレント物件にすることで、より多くの入居者を確保しようとするわけです。

Copyright (C)2017掘り出し物件探しと値引き交渉.All rights reserved.