賃貸物件の中でも、リノベーション物件があればチェックをしておくべきでしょう。

掘り出し物件探しと値引き交渉
掘り出し物件探しと値引き交渉

リノベーション物件に注目

リノベーション物件ですといったような紹介が賃貸情報のサイトで掲載されていることがあります。
リノベーション物件があれば、とりあえず住みたい地域の物件であればチェックしておきましょう。
リノベーション物件とは、中古の賃貸物件で部屋の中を大がかりにリフォームしている物件をさします。
リフォーム済みと書かれている物件もありますが、この場合壁紙の張り替えだけのような小規模のリフォームしかしていないケースも多いです。
しかしリノベーション物件の場合、大掛かりにリフォームをされています。
和室だった部屋をフローリングに変えているとか、中には間取り自体も変えてしまっているような物件もあります。
リノベーション物件の魅力は、築年数がそれなりに経過している物件であっても、中身は築浅物件のように新しい状態をキープできているところにあります。
また部屋のグレードも築年数の経過している物件とは思えないくらいに、レベルの高い部屋であることが多いといわれています。
リノベーション物件のいいところは、家賃が安いところも見逃せません。
もちろんリノベーションをしている分だけ、同じ築年数の物件であれば家賃はやや割高になります。
しかし5000円から1万円程度の価格差であることが多いです。
ただし事実内装は築浅の物件とそん色はありません。
築浅の賃貸物件と比較すると、地域差が若干出るでしょうがそれでも平均すれば家賃は1万円程度安くなっていると判断できます。
こうしてみると、少なくても家賃の面で損をしていることはなく、むしろ得をしている可能性の方が高くなるわけです。
しかも設備の導入をしているリノベーション物件も多いですが、その導入されている設備は最新鋭のものであることがほとんどです。
つまり設備だけを見てみれば、新築の賃貸物件を借りているのと大差がないということになります。
これはかなり魅力的ではないでしょうか?
だからリノベーション物件があれば、狙い目といわれているわけです。

Copyright (C)2017掘り出し物件探しと値引き交渉.All rights reserved.