設備の交渉をするときに、どのような設備の導入を提案すればいいのでしょうか?

掘り出し物件探しと値引き交渉
掘り出し物件探しと値引き交渉

狙い目の設備

結構設備を部屋に取り入れる交渉をしてみると、賃貸物件の大家さんは受け入れてくれることが多いといわれています。
ところで、部屋の中に取り入れる設備は、どのようなものが交渉で成立しやすいのでしょうか?
結構おすすめの設備といわれているのが、ウォシュレットです。
ウォシュレットがトイレについていれば、皆さんも利便性が高いのではないでしょうか?
最近建設された物件であれば、ウォシュレットは部屋に標準装備されていることが多いです。
しかし築10年以上の賃貸物件になってくると、なかなかトイレにウォシュレットのついていない物件は多いです。
大家さんとしても、ウォシュレットのついているほうが入居者の受けがいいことは予想しています。
しかし実際に導入することになると、どうしてもそれなりのコストがかかってしまいます。
そこで「今の入居者が出て、新しい入居者を入れるときに入れればいいか」と感じている人は多いです。
そのようなときにあなたが「部屋にウォシュレットをつけてくれるのであれば、入居してもいい」といってくればどうでしょう?
結構大家さんも前向きに考えてくれるのです。
大家さんがウォシュレットの必要性を感じているのであれば、こちらの要求は比較的通りやすいのです。
このように設備の交渉をするときには、現在の賃貸物件には一般的に導入されているようなものを交渉のテーブルに乗せることです。
そうすれば、相手も交渉に応じやすくなります。
自分の賃貸物件に着けようと思っていても、タイミングがわからなくなっている大家さんにとっては、むしろいい助け舟になることもあります。
その他には、エアコンの装備されていない物件も、古い賃貸物件であれば十分に考えられます。
最近の賃貸には、標準装備されていることが多いので、エアコンのついていない物件であれば交渉してみるといいでしょう。
このように一般の賃貸物件でありがちなものを使って交渉してみることです。

Copyright (C)2017掘り出し物件探しと値引き交渉.All rights reserved.