もし家賃の交渉がうまくいかなくても、設備の交渉をする余地があるかもしれません。

掘り出し物件探しと値引き交渉
掘り出し物件探しと値引き交渉

設備の交渉をする

家賃の値引き交渉をしてくれるような賃貸物件もたくさんあります。
しかし一方で、すべての物件で値引き交渉ができるわけではないということも頭の中に入れておく必要があります。
もし値引き交渉をして不調に終わったとしたら、次の手に出てみましょう。
それは、設備の交渉をすることです。
つまり家賃の値引きはあきらめる代わりに、賃貸物件の設備の増設を交渉に乗せてみましょう。
そうすれば、相手も応じてくれる可能性もあります。
設備の追加に応じてもらえるのかと、不思議に思っている人もいるでしょう。
もちろんこちらの条件も、すべての物件で応じてくれるわけではありません。
一般的な傾向として、築浅物件の場合にはなかなか相手にイエスといわせることは難しいでしょう。
築5年くらいまでの比較的新しい物件であれば、難しいです。
ただし築10年を超えるような物件であれば、十分に交渉の余地ありと思ってもらっていいでしょう。
というのも築10年を超えてくると、いろいろと建物に老朽化の兆しが見えてくるものです。
そこで大家さんは、賃貸物件の改修や補修工事を常に見据えている傾向があります。
このため、増設の依頼をした場合でも、大矢さんがすんなりと受け入れてくれる可能性が高いです。
改修や補修工事の必要性を感じていながら、実際に一歩踏み出すのに躊躇している大家さんは多いです。
改修や補修工事をすることになれば、それなりのまとまったコストがかかってしまうからです。
そこで迷っている大家さんの背中を押すような結果になるのが、設備の増設の交渉なわけです。
設備をつけさせることで、部屋のグレードをアップさせることが可能です。
ということは、事実上家賃を値下げしているのとあまり大きな違いはないということになります。
そこで家賃交渉がうまくいかないのであれば、設備の面で交渉できる余地はないかどうかを探ってみるといいでしょう。
このように賃貸物件でもいろいろな交渉の方法があるわけです。

Copyright (C)2017掘り出し物件探しと値引き交渉.All rights reserved.