値引き交渉をするときに、仲介手数料の値引き交渉することはあまりお勧めできません。

掘り出し物件探しと値引き交渉
掘り出し物件探しと値引き交渉

値引き交渉の注意点

賃貸物件を借りるときには、いろいろな名目でお金を請求されます。
もっとも有名なのは、敷金や礼金です。
賃貸物件の値引き交渉というと、家賃の値引きをイメージする人も多いでしょう。
しかし実際には、いろいろな名目で請求されるお金の値引きの交渉をする方法もあります。
いろいろな値引き交渉のテクニックがあるにはあります。
しかしこの中でも、仲介手数料の値引き交渉に持っていくことはあまり実りがないでしょうし、リスクの高い交渉になります。
仲介手数料とは、借主と貸主との間を取り持っている不動産会社に対する報酬として支払われる類のお金です。
賃貸業務の場合、不動産会社が利益として手に入れることができるのは、この仲介手数料だけになります。
この仲介手数料を値引きしてくれということになれば、不動産会社は利益を奪われることになってしまい、はっきり言うと面白くないわけです。
不動産会社としてみれば、自分の利益を取り上げようとしているお客さんのために、真剣になって仕事をする気にはなれないはずです。
そうすると、いろいろと不都合をこうむってしまう可能性があります。
賃貸物件の場合、一つの物件に対して気に入って入居を希望する人が複数出てくる可能性があります。
そのうち、いずれのお客さんの入居を決めるかは、不動産会社の担当者の自由裁量によって決めることも可能です。
もし仲介手数料の値引きを持ち出してくれば、あなた以外の入居を希望している人を優先して入居させようとするはずです。
また賃貸物件の中には、複数の不動産会社で入居者の募集を行っているようなケースもあります。
この場合も、ほかの不動産会社の抱えている入居希望者に譲る可能性もあります。
また入居をするときには、入居審査を受ける必要があります。
大家さんはこの時、担当している不動産会社のスタッフからお客さんの印象を聞かされることがあります。
この時にマイナスのことを言われれば、審査に引っ掛かってしまって入居できない可能性もあります。
仲介手数料にメスを入れることはなるべく避けるべきでしょう。

Copyright (C)2017掘り出し物件探しと値引き交渉.All rights reserved.